アートに決めた理由

 

無料見積もりのときの女性の対応がとても親切で丁寧でした。

 

他社とも比較し、値段や安心を考え決めました。

 

無料でダンボールを提供して下さった分で十分だったので、用意したものといえばお金くらい。

 

大きな家電(テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン)と、大きな家具(食器棚・パソコンデスク・ベッド)を業者に頼み、ダンボールは自分達の車で運びました。

 

業者の方々も、明るく人柄のよさそうな方々で、アルバイトであろう方もはきはきとした好青年でした。

 

家具の配置や、組み立ても手伝ってくださり、エアコン設置の業者のかたも丁寧で、洗濯機の設置もして下さいました。

 

暑い時期だったのですが、嫌な顔もせず丁寧に設置し、説明までして下さりました。

 

本当に助かりました。

 

 

 

引越しのコツ

 

アート引越センター見積もり価格を楽に下げる方法

玄関から見て、一番奥の部屋から荷物を入れていくことや、どの部屋になにを設置していくかを決めておくこと、ダンボールに何が入っているか明確にするは当たり前ですが、引越しの費用や荷解きなどを考えると、やはり引っ越す前に荷物を減らすことです。

 

本当に必要か、確実に使う予定があるのか、お金を出して新居に持っていくほどのものなのか。

 

ダンボールに詰め込む前に整理をすると、意外と必要ないものだったりすることがあります。

 

必要ないものはリサイクルショップなどに持ち込み、そのお金で新居に必要なものを揃えるのがお勧めです。

 

特に、新居のほうが広かったりすると、あれもこれもとなりますが、本当に必要なものって、結構少ないんです。

引越しをした後の悩み

 

引越し先の家の目の前にある道路でいつも幼稚園児ぐらいの子供たちが遊んでいてうるさい。

 

窓を開けると真ん前に沢山の人がいるので開けられない。

 

家の敷地内でも構わず侵入してくるので邪魔だし、ボール遊びや縄跳びなども平気でするので車や窓にぶつけられないか、小石が飛んで来ないかと心配になる。
また自転車で追いかけっこをしているので、それも同様に家にぶつかってくるのではないかと不安になる。

 

親も一応いるが、親同士の井戸端会議に夢中で子供のことはたいして見ていない。

 

また、親同士のおしゃべりの声もうるさい。

 

何時間も続くので迷惑。

 

外出もしづらいし、車の出し入れをする時に会わなくてはいけないのが苦痛。

 

もしかしたら外出している間はもっと庭とか平気で侵入しているのではないかと思うと不愉快。

 

最初のうちはご近所さんだからと思い、自分の家の子供もなるべく他の子たちが遊び始めたら一緒に遊ばせるようにして、その間自分も保護者達と話をしながら他所の子が自分の家の敷地内で暴れるのを防いだりしていたが、段々それも苦痛になったし、子供が遊んでいるのに他の親たちが子供を見ていてくれていると勘違いしたのか、保護者が途中で子供を置いて買い物に出かけたりするようになったので近所の子たちと一緒に遊ばせるのをやめた。

 

なるべく子供たちのいる時間に出かけたり帰ってきたりするのをやめて顔を合わせないようになった。

 

窓を開けない。

 

家の中にいるのに外の人たちの気配を無視し続けていたら、家のど真ん前で遊ばれる頻度が前よりは多少減った。